四万十川をめざせ!!パート2 いよいよ四万十川


ホテルの朝食!!
バイキングです。
これだけだと洋風だけど、後で味噌汁も飲みました。


中村の町は応仁の乱で、一条さんっていうお公家さんが京都から戦火を逃れてやってきたことから、「小京都」なんだそう・・。町も碁盤の目状らしい。
ここは一条神社の入り口。向かいは四国でよく見るスーパー「マルナカ」


一条神社から宿を見る・・。


高知の日曜市は有名ですが、ここ中村でも「日曜市」が立っていました。
鮎や野菜、刃物屋さんもありました。


今回の旅の友。
トヨタ・プリウス。
日頃、ナビのない車に乗っている我々には新鮮なドライブでした。
ETCカードが使えたのはグッド。空港への帰り、通勤割引で半額になりました。


ホテルから車で15分ほど上流に行くと、四万十川の沈下橋の中で最も下流にある「佐田沈下橋」があります。今回の旅の目的はこれ。
車で渡るの、ドキドキ。


まさに渡っております。
途中、前に見えるようなすれ違い地点が二箇所。


対岸に車を止めて、今度は歩いています。
風と空気が凛としていて、冷たかった。


川で漁をしている人も。
山に囲まれ、本当に静か。


屋形船もお休み中のようです。
よっちゃん、ぽん太、ハミ(うり坊)


昨日、桂浜でスカウトされた「熊二」ちゃん。
うちわは、ホテルでもらいました。


沈下橋を渡りきったところ。真ん中の棒にある看板のところまで、洪水のとき、水が来たそうです。ひえ〜。


上の写真のアップ。
怖い。橋の水面より、5〜6メートルはありそう。


そりゃ、そうだ。
でも、非常識な人がいるんでしょうね。


さて、沈下橋をあとにして、中村駅に見物に。
後ろの車両は岡山行き「南風」
お姉さんは車掌さんです。


コピーにつられて買いました。
本当においしかった。安いしね。


駅弁の中身。


ホッパー車もあったよ。


アンパンマン列車も来ました。


さあ、帰り道。
ちょっと眺めは房総に似ています。


と〜ちゃんが吸い込まれてしまいました。(笑)


12個で¥300、でも二つおまけしてくれました!!
とろとろで熱々でおいしかった。


さらに、昨日も寄った道の駅「あぐり窪川」で、今日はシュウマイ。


さらにポークバーベキューも・・・。


窪川ポーク。


最後に高知空港で、鰹たたき定食を食べて帰りました。
帰りは、クラスJが満席で残念。




戻る