2007 大阪&奈良の旅 奈良編


駅の近くは、まず興福寺。
阿修羅が有名だけど、か〜ちゃんは「5年生のときと高校のとき見たからいい。」んだって。
ぼくは見たことないのに。


阿修羅の看板。


奈良らしいでしょ。
本当に飛び出して来るのも見たよ・・・。


行った日は、角きりの前日でした。
準備が忙しそうでした。


「飛火野」です。
か〜ちゃんの頭の中は、
「♪春日〜山から飛火野あたり〜ゆ〜らゆ〜らと影ばかりなずむ夕暮れ〜
 馬酔木の森の・・・・♪」
と、さだまさしの名曲「まほろば」が流れ続けておりました。単純です!


さらにてくてく歩いて春日大社へ。
灯篭がたくさん。


お浄めのところも鹿さん。


春日大社の門。


春日大社から若草山に向かう途中のお土産屋さんの、ぬいコーナー。
「単に鹿」ちゃんモデルは、奈良公園では見かけませんでした。


手向山八幡宮。(たむけやまはちまんぐう)
菅原道真公が腰掛けた石だそうです・・。


雅楽も演奏されるようです。


三月堂。
外から写真を撮っただけ。


か〜ちゃんが一番好きだという「二月堂」
いつか、お水取りに来てみたいなあ。
空が真っ青でした。


ここを松明を持ったお坊さんが走るんだよね。


回廊もすてき。


上からの眺め。ちょっと反射しちゃった・・・。
真ん中の屋根が大仏殿です。


景色を堪能したあとは、回廊を降りて行きます。
この下に降りきったところで、昔、か〜ちゃんたちは、「鹿相のすごく悪い鹿」に睨まれた!?んだそうです。「あれほど鹿相の悪いのは見たこことがない」そうで、今回もそんな鹿さんはいませんでした。


正倉院の方へ向かう道です。
やはり王道は大仏〜(戒壇院や正倉院)〜二月・三月堂〜若草山〜春日大社なんでしょうが、へそ曲がりなか〜ちゃんは「今回は逆ルート!」を行ってみることにしたのでした。
奈良は8回目くらいらしいのですが、前回(10年前)は、「ならまち」方面を歩いてこちいへ来なかったので、20年ぶりくらい。地図とにらめっこしていました。


正倉院の入り口。
構内に入れるのは3時まで。来たのは4時すぎ。
残念。


ぼくは、初めて。
か〜ちゃんも20年ぶり。
か〜ちゃんが初めて来たときは、「昭和の大修理」で外が覆われていたそうです。
2回目に来たときも、大修理の完成法要の数日前。正面は法要の準備で入れず、こうやって正面から入るのは2度目なんだって。


館内は暗いし、大仏は大きいし・・・
なんとか見られる写真はこれだけ・・・
外国のお客様が多かったです。


奈良国立博物館。
正倉院展はまだでした。


駅方面に戻って見つけた「エスエスうさちゃん」
か〜ちゃんのじ〜ちゃん(省蔵さん)がやってた「パリー薬局」のはVサインしてました。
だいぶ、傷が痛々しいね。でも、笑顔はばっちり。


この「ダルマ薬局」さん、こんなものもおいてありました。


帰りに乗った電車。


夕ご飯は、とろろご飯のお弁当。(大阪に戻って大阪ビジネスパークのレストランで)
これで¥1500ならいいかも。




戻る